手術看護のエキスパート - 手術看護認定看護師への道

手術看護認定看護師になるには

手術看護認定看護師は看護師の資格のさらに次のステップとも言える認定看護師の資格です。手術室での看護業務に特化した専門知識、スキルを持つ方に与えられる資格です。
手術室(オペ室)看護師は待遇が違う?

認定のためのハードルはかなり高めに設定されており、手術看護に関する専門的な知識を指定の教育期間で学ぶ必要があります。東京女子医科大学看護学部の認定看護師教育センターという場所で行われ、半年以上の勉強が必要になります。

また、この勉強を受けるためにも入学のための条件があります。看護師や保健師・助産師の資格を取得してから、実務経験が5年以上あり、かつ次の3つの条件を満たしている必要があります。

一つ目は3年以上、手術室での看護業務に携わった経験がある事、二つ目に機械出しと外回りの経験がある事、三つ目に、できれば現在も手術看護師として勤務している事です。これを満たしている方は半年以上の勉強の後、試験合格後、手術看護認定看護師となる事ができます。

手術看護認定看護師はやはり一般の看護師よりも高い専門性を持っているため、活躍できる場も広く、責任のある仕事を任される事も多いです。そのため、仕事のやりがいにも繋がりますし収入面のアップも期待できます。

こうした高いレベルのスキルを持った看護師の方はまだまだとても少なく、転職の際にもぜひ来てほしいという職場は多くあります。ハードルは高いですが、今後のキャリアとして、チャレンジしたいという方にはお勧めと言えます。

また、近年は医療の高度化に伴って、看護師に求められるものも高くなってきています。手術看護認定看護師も最近ではマネジメント的な能力も必要になってきており、手術看護のエキスパートとして、他のスタッフの役割を適切に分担し、チームとして看護業務を進めていく事が求められています。

手術室という病院の中でも緊張感の高い環境の中で更に質の高い医療を目指すために、手術看護認定看護師の担う役割は大きいと言えます。

看護師の転職:脳外科

脳外科は、脳の疾患を外科治療する診療科です。脳疾患は、脳梗塞など突然変調をきたす病気も多く、生命の危機にも関わるような一刻を争う患者さんを診ることになります。

ですから、医師や看護師の手腕がものをいう世界でもありますので、当然、看護師には豊富な知識と技術が要求されます。言い換えれば、脳外科に一度勤務すると、必ずスキルアップできる診療科とも言えます。

脳外科の患者さんは、脳に何らかの障害を抱えた人(脳腫瘍や脳動脈瘤、脳梗塞、脳挫傷等々)や椎間板ヘルニアの人などが多く、緊急な手術を要する脳疾患のケースも珍しくありません。ですから、手術のリスクも、他の診療科よりも高いと言えます。

そして、脳疾患の手術した結果、一命をとりとめたとしても、体に麻痺が残ってしまうことも少なくありません。ですから、体が麻痺した部分を少しでも動かせるようにリハビリを行なう必要があります。

リハビリは、毎日少しずつ行なっていく根気のいるものです。体が麻痺したショックを抱えていながらリハビリをしなくてはいけない患者さんの気持ちを理解し、リハビリに付き添って心身ともに支えてあげることも脳外科の看護師の役目です。

中には、手術しても回復しない患者さんや、お亡くなりになる患者さんもいらっしゃいます。看護師としてはやりきれない辛い思いをすることも少なくありません。しかし、手術したお陰で命が助かり、リハビリも順調に日々回復に向っている患者さんもいらっしゃいます。

悲しい思いをすることもありますが、回復していく患者さんをみる喜びを感じられる職場でもありますので、看護師としてのやりがいはあるでしょう。又、脳外科の看護師経験は、どこの病院にいっても通じるといっても過言ではありません。

現在、別の診療科で働いている方で、脳外科の看護師に興味のある方は、教育体制が充実している医療機関を選択したほうが勤めやすいでしょう。脳外科は、覚えることも多く始めは大変だと思います。しかし、仕事をどんどん覚えていくと、任せてもらえる業務内容も増えてきますから、やりがいはあります。

只、脳外科への就職を希望していても、教育体制がどこまで整っているかは個人ではなかなか確認できない部分です。でも、看護師専門の転職サイトでしたら、それも可能です。一度ご相談されるといいでしょう。